会計事務所の会計事務

会計事務所の会計事務

「会計」事務所とうたっているわけですから、会計事務所の行っている業務の中の一つに、会計業務があります。

 

 

 

会計業務は、決算書などの作成をすることを意味します。会計の作成のいかんによって、その会社や個人が支払うべき税額が確定をすることになります。その意味でも、重要な業務ということができるでしょう。

 

帯広で外科を探すなら

 

また決算というのは、いきなり書類を作成するわけではありません。決算書を作成するためには、その前段階として、仕訳帳や貸借対照表、損益計算書といったものを作成する必要があります。決算書を作成するための書類の作成についても、会計事務所の方で代行して行ってくれます。

 

 

 

また財務事務を会計事務所の方で請け負うこともあります。会社になると、金融機関との取引もいろいろと出てくるでしょう。金融機関に提出する会計関連の書類を代行して作成をすることもあります。場合によっては、従業員の給与計算を会計事務所が任されることもあります。