会計事務所を利用しようについて

公認会計士とは

公認会計士を目指している人もいるかもしれません。ところで公認会計士というのは、具体的にどういった仕事をする人のことを指すのでしょうか?

 

 

 

公認会計士の仕事ですが、いくつかの種類に分類することができます。まずは監査業務といって、会社の経営についていろいろな財務書類が作成をされます。

 

いっぱいあって迷いますが介護 フランチャイズはおすすめです。

 

この時、この財務書類が正しいものになっているかどうかについて、チェックすることができるわけです。

 

 

 

また税務についての業務にも携わることができます。ただし税理士のような業務を請け負うためには、税理士会に登録をしないといけません。

 

 

 

またこのような財務についての専門家ということを生かして、コンサルタント業務を行っている人もいます。つまり経営について、会社から相談を受けて、料金をもらうという業務です。