設立後の手続き

設立後の手続き

会社を設立する際というのはいろいろと手続きがあり、正直面倒と感じる人も多いかもしれません。最近では、会社設立のお手伝いを専門とする事務所なども存在します。また、設立専門と言っても設立後も税金やお金のことで悩みがあればいつでも相談できるようになっているところもあるので税理士や会計士と似たようなものかもしれません。

 

 

 

また、そういった事務所にお願いすることで個人で会社を設立するよりも手続きの際に掛るお金を安くすることも可能となっています。自分で手続きできるならわざわざお金を払ってまでお願いすることもない…と思うかもしれませんが、その浮いたお金で依頼料が払えたり、お釣りが返ってくることだってあるのです。

 

 

 

そのことを考えるとお得で楽な方法を選ぶのは当然ですよね。また、会社が設立した後に必要となってくる書類もたくさんあります。例えば税金関係となると税務署、市区町村役場及び県税事務所(東京23区は都税事務所)で届け出が必要となりますし、保険に関しては労働基準監督署、ハローワーク、社会保険事務所での届け出が必要となります。

 

 

 

それぞれには提出期限が設けられていることもあるので期限を守るようにするのも大事なことです。会社設立は大変だと思うかもしれませんが、保険にしろ税金にしろ今後雇う人たちの生活のことを考えてのことなので義務でもあるのです。会社を設立するということは、それくらい責任を負うということなので、決して安易な考えではできませんよね。