相続

相続

もし誰かが死亡して、その人の保有している財産を受け取った場合には、相続税というお金を支払わないといけない決まりになっています。この税金は、ただし基礎控除が含まれていますから、相続した財産すべてに対して、課税をされるというわけではありません。

 

 

 

通常は基礎控除として、遺産を受け取った人一人当たり1000万円、それにプラスして5000万円が控除の額と決まっています。もし自分が遺産を受け取ったとしても、その評価額が基礎控除を満たしていなければ、課税はゼロ、しかも税務署に申告に行く必要もありません。

 

 

 

通常は相続は、財産を所有している人が死亡することで行われます。

 

 

 

しかし行方不明になって7年が経過し、失踪宣告をされた場合でも、実施されることもあります。